« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

まぁこんな買取もありますよねぇ・・・

「さんちか大古書即売会」の真っ最中、その忙しい時に明石市の古本買取依頼、マァいくら忙しくても買取は断るわけにはいかよネェ・・・

何とか苦労して時間を作り、段取りして伺いましたら、チョット古めの文庫と新書、括って市に出せばまず「引き」間違いなし。

それでもこんな中にもたまには珍しいものもあるはずと、見てみると新書はほとんど小さな印がありました。なにがしかをお支払いし(タダっ訳にはいかないよネェ)とりあえずお礼を言って引き上げてきました。

本を売るならやっぱり  オールドブックス ダ・ヴィンチ 親切・丁寧・高く買うメールはこちらへ   

本などのご処分はお気軽にご相談下さい ダ・ヴィンチ 古本買取コーナー へ神戸市内、明石、加古川、西宮 どこでも買取参上いたします、神戸長田区も宜しく

| | トラックバック (0)

ISBNのありや なしや?

今日は電話で灘区の方から古本の買取依頼がありました。

「おたくはISBNのない本でも買取ってくれるんですか?」 思わず五十年ほど前にはやった藤田まことのクラッカーの宣伝文句(なんか古い表現)を言いそうになりました。

古本少なくとも古書と呼ばれるものはISBNのない時代の本ですよネェ~

ISBNのない本は買わないなどと言うようなところには決して古本は売らないで下さい、そこで新し目の本を売り、残りを私たちのところへと言うことですと、どちらも買取の固定費がかかりますのでけっして有利とはいえません。 1+1=2 ですが 2-1=0.5にしかならないのです。

まぁもちろんお客様がISBNの入った本しかお持ちでない場合はその限りではありませんが・・・

本を売るならやっぱり  オールドブックス ダ・ヴィンチ 親切・丁寧・高く買うメールはこちらへ   

本などのご処分はお気軽にご相談下さい ダ・ヴィンチ 古本買取コーナー へ神戸市内、明石、加古川、西宮 どこでも買取参上いたします、神戸長田区も宜しく

| | トラックバック (0)

寒い時の買取は・・・

古本買取も極寒の季節ではこたえます。

体は動いていますのでそれほどでもないですが、問題は手と言うよりも指先、古本もこれほど冷えると氷のようなものです。

とくに昨日のように北区の古本買取は氷の塊に紐がけしているようなもの、手袋をしたままだと思うように紐がけ出来ないし、まぁ凍傷覚悟の古本買取ですねぇ。

それでも昨日のような郷土史などのいい買い物だと凍傷になってもいいかな?

「さんちか大古書即売会」古書目録まだ残部少々ございます、ご希望の方はオールドブックス ダ・ヴィンチまで  古本買取依頼も宜しく

本を売るならやっぱり  オールドブックス ダ・ヴィンチ 親切・丁寧・高く買うメールはこちらへ   

本などのご処分はお気軽にご相談下さい ダ・ヴィンチ 古本買取コーナー へ神戸市内、明石、加古川、西宮 どこでも買取参上いたします、神戸長田区も宜しく

| | トラックバック (0)

正直買取どころでは・・・

鉄人も参加している「さんちか大古書即売会」が目前に迫ってきました。「さんちか」は年二回のビッグイベントなのでしくじるわけには行きません。

したがって準備にも時間が掛かりますがそんなときに古本買取が何件か入るともうパニックですネェ~買い取りも即売会の準備も人任せというわけには行きませんものネェ・・・

どちらを優先するか ハムレットの心境です。

「さんちか大古書即売会」古書目録まだ残部少々ございます、ご希望の方はオールドブックス ダ・ヴィンチまで  古本買取依頼も宜しく

本を売るならやっぱり  オールドブックス ダ・ヴィンチ 親切・丁寧・高く買うメールはこちらへ   

本などのご処分はお気軽にご相談下さい ダ・ヴィンチ 古本買取コーナー へ神戸市内、明石、加古川、西宮 どこでも買取参上いたします、神戸長田区も宜しく

| | トラックバック (0)

いい本も中には買取れないものもある

いい本でも買取れない本もあります。

読んでから 売りに来てよね サラの本 (一度読んだら古本ですよネェ)

買わぬのは 買わぬ訳有 サラの本 (当店は古本屋でございます)

そう、なかには最近のまっさらで読んだ形跡もなくインナーも入ったままの本を売りにみえる方がいますが、ちょっと危ないですよネェ・・・ そのようなケースでは身分証を見せてもらったり事情をきいておかしな場合はお引取り頂いています。

しかし聞くところによると、何でもすんなりと新しければ新しいほどすぐに買うお店もあるようです。もちろん古書組合に入っているお店ではそんなことはないですが、アルバイトの店員が買い取りをしているような店ではそのような話をよく聞きます。 危ない危ない・・・

本を売るならやっぱり  オールドブックス ダ・ヴィンチ 親切・丁寧・高く買うメールはこちらへ   

本などのご処分はお気軽にご相談下さい ダ・ヴィンチ 古本買取コーナー へ神戸市内、明石、加古川、西宮 どこでも買取参上いたします、神戸長田区も宜しく

| | トラックバック (0)

古本買取での一杯のコーヒー

出張買取にお客様の家に訪問しますと、荷造りや積み込みなどがおわると、「ご苦労様」と言ってやお茶菓子まで出して頂くことがあります。

積み込みで出入りしていますと、この寒い時期の一杯の熱いコーヒーはうれしいものです。

   コーヒーで 買取価格 アップする

先日も西宮での古本買取では、荷造りがほぼ室外の寒いところでした。買取価格は8千円位と踏んでいましたが、作業が終わって出された熱いコーヒーのうまいことつい「一万円になります」 と言ってました。

これって一杯2千円のですかネェ・・・

本を売るならやっぱり  オールドブックス ダ・ヴィンチ 親切・丁寧・高く買うメールはこちらへ   

本などのご処分はお気軽にご相談下さい ダ・ヴィンチ 古本買取コーナー へ神戸市内、明石、加古川、西宮 どこでも買取参上いたします、神戸長田区も宜しく

| | トラックバック (0)

この時期は古本の売りごろ

この寒い時期は意外と古本の売り時なのです。

まず、引越しシーズンや年末と違いこの時期買取の荷物があまり出ません、従って古本屋も閑していますので、無理も利き多少値段交渉でも高く買わせる事も出来ます。

また、この先3~4月は即売会も多く、売れるシーズンになりますので古本屋はどこも今のうちに仕込んでおかなくてはならないのです。

まぁ、そんなわけで鉄人は古本買取いつでもスタンバイです。神戸市内から西は姫路、加古川、東は尼崎、大阪までも出張買取いたします。

本を売るならやっぱり  オールドブックス ダ・ヴィンチ 古い文庫も買取ります

メールはこちらへ   

本などのご処分はお気軽にご相談下さい ダ・ヴィンチ 古本買取コーナー へ神戸市内、明石、加古川、西宮 どこでも買取参上いたします、神戸長田区も宜しく

| | トラックバック (0)

残り滓または残り福?

今年はじめての古本買取、神戸長田区でしたが、去年のうちに○○オフや○○買取センターなどに古書を売りに行き、残ったものはもう売れないと思いリサイクルに出すつもりだったそうです

たまたまネットを見ていてひょっとしたらと思いメールを下さったそうです。確かに量も少なくなっていましたが、それでも何点かはめぼしいものもありました。

その中でも何冊かあったのが「生田川の自然をさぐる」等の神戸の自然という神戸市が発行した冊子、これは発行された部数も少なく理科の教育関係者など限られた人たちにのみ配られたもので、さがしている人も多いのです。

思わずお客様にいいました。「この本と同じようなもの、他にもありませんか?」これをお持ちの方は教育関係者が多く、大抵がシリーズでしかも何冊もお持ちのケースが多いのです。

「あぁそれ 売れるんですか~?  沢山あったけど、この前○○オフに持っていったら定価がないので買取れないから、こちらで処分しましょうか?って言われたのでお願いしますといって捨ててきました」 「あぁーー」目の前真っ暗・・・

本を売るなら今年もやっぱり  オールドブックス ダ・ヴィンチ 古い文庫も買取ります

メールはこちらへ   

本などのご処分はお気軽にご相談下さい ダ・ヴィンチ 古本買取コーナー へ神戸市内、明石、加古川、西宮 どこでも買取参上いたします、神戸長田区も宜しく

| | トラックバック (0)

古書買取、小さなアタリはありましたが

年明けは売上は好調ですが、古本の買取依頼はなかなかです。

今日はじめて小さなアタリがありましたが、浮きがググッーと沈み込むといったところまでは行きません。

問い合わせだけでも結構ですし、無料査定もご遠慮なくご依頼下さい。そうしたことのサービスが結局買取に繋がっていくと信じています。どうぞご連絡お待ち申し上げます。

本を売るなら今年もやっぱり  オールドブックス ダ・ヴィンチ 古い文庫も買取ります

メールはこちらへ   

本などのご処分はお気軽にご相談下さい ダ・ヴィンチ 古本買取コーナー へ神戸市内、明石、加古川、西宮 どこでも買取参上いたします

| | トラックバック (0)

今日から仕事初め?

三が日も終わり今日から仕事初めのつもりですが、古本の買取依頼がないと仕事になんないですよネェ・・・・・

  正月も 買取ないかと 電話番 

今はメールがあるからいいですが、昔は留守電にしとくと買取を取り逃がすのじゃないかと心配で正月も電話の側にいたような・・・

本を売るなら今年もやっぱり  オールドブックス ダ・ヴィンチ 古い文庫も買取ります

メールはこちらへ   

本などのご処分はお気軽にご相談下さい ダ・ヴィンチ 古本買取コーナー へ神戸市内、明石、加古川、西宮 どこでも買取参上いたします

| | トラックバック (0)

三が日は古本買取依頼ナシ

明けましておめでとうございます。 今年も古本買取鉄人宜しくお願いしま~す。

さすがに正月早々は古本買取依頼はないですよネェ、私も正月三が日の買取はいまだかって当たったことはありません。

しかしある古老に聞いた話によると、昔元旦に丹波篠山の方へ買取に行った古本屋さんがあったそうです。はじめ日にちの変更をお願いしたのですが、どうしても元日でないとダメだとお客様が仰るので仕方なくその日になったそうです

行ってみるとすごい旧家で買い取りは蔵のなか、明治の雑誌や、新聞、文書etc.  まれにみるすごい買い物だったそうです。

なんでもその家のしきたりで、蔵は年に一度元旦にしか開けてはいけないとの言い伝えでそうなったようです。

鉄人は元旦の買取も喜んでいたします。

本を売るなら今年もやっぱり  オールドブックス ダ・ヴィンチ 古い文庫も買取ります

メールはこちらへ   

本などのご処分はお気軽にご相談下さい ダ・ヴィンチ 古本買取コーナー へ神戸市内、明石、加古川、西宮 どこでも買取参上いたします

| | トラックバック (0)

正月早々わらっちゃいました。皆さんもどうぞ笑ってください

http://www.youtube.com/watch?v=BeLwQH8uPE4

古本の買取とは何の関係もないですが・・・

今年も本を売るならやっぱり  オールドブックス ダ・ヴィンチ 古い文庫も買取ります

メールはこちらへ   

本などのご処分はお気軽にご相談下さい ダ・ヴィンチ 古本買取コーナー へ神戸市内、明石、加古川、西宮 どこでも買取参上いたします

| | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »